12月1日
肌の洗いすぎは、表皮によくないと知ろう

肌を強く洗うと、皮膚の善玉菌である「表皮ブドウ球菌」が減ってしまうことがあります。一方、悪玉菌はアルカリ性を好むため、肌に残る「せっけん成分」で繁殖してしまいます。朝晩1日2回ボディーソープで洗っている人は、洗いすぎなので控えた方がいいかもしれません。

前へ

バックナンバー

2014年12月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。