12月6日
糖尿病になったら、腎臓のチェックをしよう

糖尿病は合併症が怖い病気です。その一つに「腎臓病」があります。血液中に糖が多すぎると、糖が腎臓の糸球体(しきゅうたい)の組織に入り込んで、「糖」と「タンパク質」の結合した物質が溜まっていきます。すると、糸球体の毛細血管を圧迫して、血液を「ろ過する力」が衰えてしまうのです。糖尿病にかかった場合は、定期的に「腎臓のチェック」も行うようにしましょう。

前へ

バックナンバー

2014年12月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。