12月18日
仙骨を温めて、ホルモンの分泌を良くしよう

仙骨は、背骨の真下にあり、ちょうどお尻の真ん中あたり、尾てい骨の上のプレート状になっているところです。この部分には神経が集まっているだけでなく、子宮や卵巣も隣接しているので、ホルモンの分泌に大きく関わっています。腰から仙骨まわりにかけて、毎日温めてあげることで、神経が活性化し、同時に消化器の働きをよくしてくれます。便秘や下痢、免疫力アップ、肌や髪などへの効果も期待できます。

前へ

バックナンバー

2014年12月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。