12月23日
エボラ出血熱の症状について理解しよう

エボラ出血熱は、新種のウイルスによる病気です。1976年にアフリカのスーダンで発見されました。高熱、頭痛、下痢などの症状が出始め、骨と骨格菌を除いた、カラダの多くの細胞に感染して破壊して出血します。ウイルスが体内に入ると、3〜10日程度で発病し、発病後7日程度で死に至ることが多いそうです。血液や体液、排泄物が主な感染源となっています。

前へ

バックナンバー

2014年12月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。