12月30日
血液に含まれている成分の割合を知ろう

血液は大きく分けて、「赤血球、白血球、血小板、血漿(けっしょう)」の4つで構成されています。その血液成分の割合は、赤血球が40〜45%、白血球と血小板が合わせて1%、血漿(けっしょう)が55〜60%、となっています。全血液の半分以上を占める「血漿(けっしょう)」は、カラダに必要なさまざまな物質を全身に運んだり、新陳代謝による老廃物を回収する役割をしています。

前へ

バックナンバー

2014年12月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。