1月31日
腎臓から分泌される、レニンに注目しよう

腎臓から分泌される「レニン」には、「血圧を上げる働き」とともに、「電解質の量を調整する働き」もあります。電解質とは、水に溶けて電気の導体となりうる物質のことで、ナトリウム、カリウムなどが代表的なものです。また、体の水分調節、筋肉や神経の働き、骨や歯の形成など重要な働きをしています。「レニン」は副腎から分泌される電解質ホルモンの分泌量を制御するのです。

前へ

バックナンバー

2015年1月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。