2月17日
汗を出すために半身浴しながら塩をなめよう

古い塩分が体内にたまると、筋肉が固くなり、血流が悪くなります。この古い塩分を体外に出すためには、半身浴をしながら、塩をなめてみましょう。汗がでてきたら、指先に少しだけ塩をつけてなめます。塩を摂ることで、新たな汗が引き出されます。

前へ

バックナンバー

2015年2月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。