2月19日
体にメリハリないのは、骨格の崩れと知ろう

骨格は本来、「カラダの中心」を軸に左右対称な形をしています。しかし、肩や腰の高さに差ができたり、筋肉がねじれてしまうと、この左右対称が崩れて、ボディラインが崩れることがあります。そして不自然な動きを強いられるようになり、ますます骨格のズレが作られるのです。また、「骨格」が崩れると、筋肉をバランスよく使うことができず、使われない部分が衰えて「脂肪」がつきやすくなります。

前へ

バックナンバー

2015年2月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。