3月2日
血虚タイプは睡眠と血を造る食事をしよう

東洋医学では、舌の状態から体質やその時の状態を診ます。その中で日本人に多いタイプの一つに、「血虚(けっきょ)タイプ」があります。舌は、赤みが少なく、薄いそうです。体の不調としては、貧血、敏感肌、抜け毛、便秘などの症状があります。心当たりのある方は、十分な睡眠と造血作用のある赤みの肉やレバーなどの食養生を心がけましょう。

前へ

バックナンバー

2015年3月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。