3月9日
柑橘系の水で自律神経のバランスを整えよう

生理痛の原因の一つといわれるのが、ストレスによる「自律神経の乱れ」です。この自律神経の乱れは、柑橘系の香りによって改善されるそうです。20代の女性18人に、「グレープフルーツ」や「ゆず」の成分を含んだ水を飲んでもらい、飲む前後の気分の変化を調べました。すると多くの人が、飲んだ後に気分がポジティブになり、自律神経のバランスが整ったそうです。

前へ

バックナンバー

2015年3月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。