3月15日
アスタキサンチンで目の粘膜劣化を抑えよう

抗酸化作用の高いと言われる「アスタキサンチン」は、目の粘膜まで届く成分と言われています。目の粘膜の劣化を抑え、ドライアイを改善させる効果があります。このアスタキサンチンを含むのが、「鮭(さけ)」です。鮭は本来、白身の魚ですが、「ヘマトコッカス」と呼ばれる赤い藻類を食べることによって赤く変化しています。この赤い色素が、目の粘膜劣化を防ぐ「アスタキサンチン」です。

前へ

バックナンバー

2015年3月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。