3月22日
塩分を減らす時は、ゆっくり時間をかけよう

高血圧や動脈硬化で悩んでいる人は、塩分摂取を減らすことが大切です。しかし、あまり急に塩分を減らすと、体内の塩分と水分が不足して、血液量が少なくなってしまう恐れがあります。その結果、脳梗塞などを招く危険性もありますので、塩分摂取を減らすときには、少しずつ減らしていくように心がけ、ゆっくりと薄味に慣れていくのが良いでしょう。

前へ

バックナンバー

2015年3月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。