3月27日
遠近両用メガネで細長いフレームは避けよう

デスクワーカーで頭痛や肩こりがある人の約8割は、目の疲労が原因と言われています。眼鏡やコンタクトを選ぶポイント、押さえたいですね。例えば、おしゃれな「細長いフレーム」のメガネを選ぶ方も多いと思いますが、近視、または、老眼だけの単焦点なら問題ありません。しかし、遠くも近くも見えるレンズ、遠近両用ならば、「細長いフレーム」はオススメできません。遠近両用は、遠くを見るレンズを上に、近くを見るレンズを下に配置します。正しくより良い機能を発揮するには、天地約32mm以上が理想と言えるでしょう。

前へ

バックナンバー

2015年3月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。