4月14日
舌の場所によって味覚の反応が違うと知ろう

舌には、味を感じる「味蕾(みらい)」が多数あります。すべての味蕾は、敏感に反応する場所が決まっているのです。「甘さ」は舌先、「しょっぱさ」は舌先と両サイド、「すっぱさ」は舌の奥の両サイド、「苦さ」は舌の奥で感じています。苦い薬を飲む時は、舌先に乗せてすばやく飲み込むと、苦味を感じにくくなります。

前へ

バックナンバー

2015年4月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。