5月9日
ニンニクと野菜を食べて抗酸化力を上げよう

ニンニクは、東洋医学的に「温性」で、胃を温める作用があります。また免疫力を高める作用があることから、風邪予防をしたい方にピッタリです。ビタミン豊富な「緑黄色野菜」と一緒に食べると、抗酸化作用を発揮し、老化や動脈硬化の予防になります。ただし、多く食べると胃に負担になるので、食べ過ぎないようにしましょう。

前へ

バックナンバー

2015年5月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。