5月17日
リウマチ熱の原因になる溶連菌に注意しよう

溶連菌(ようれんきん)とは、扁桃腺炎など「のどの風邪」を起こす細菌です。この溶連菌に対して作られた抗体が、腎臓や心臓の弁などを攻撃し、機能低下を引き起こすことがあります。主に子どもについてですが、それが関節痛を引き起こす「リウマチ熱」の原因になることもあるそうです。

前へ

バックナンバー

2015年5月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。