5月18日
玉ねぎを食べて、気を巡らせて体を温めよう

玉ねぎは、東洋医学的に「温性」で、胃腸を温めて、気の巡りを改善させる効果があるそうです。また、玉ねぎの抽出成分には、血栓を溶解する作用があることから、「狭心症」や「脳卒中」を予防する効果も期待できます。

前へ

バックナンバー

2015年5月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。