5月20日
胆石が何からできているのかを知ろう

肝臓で生成される黄褐色の消化液の胆汁は、肝臓→胆嚢(たんのう)→十二指腸という順に流れていきます。そのうち「胆嚢(たんのう)」や「胆管(たんかん)」にできる胆石は、コレステロールやビリルビンなどの胆汁成分が結晶化することで作られます。この胆石が、十二指腸の出口にひっかかったり、詰まってしまうと激痛が起こることがあります。

前へ

バックナンバー

2015年5月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。