5月22日
高血圧には、種類があることを知っておこう

高血圧には、主に「本態性(ほんたいせい)」と「症候性(しょうこうせい)」の2種類があります。本態性高血圧は、加齢で動脈が柔軟性を失うなどで血圧が上昇するもので、動脈硬化に拍車をかけやすくなるそうです。一方、症候性高血圧は、腎臓や副腎などの病気による二次的に起こる高血圧です。

前へ

バックナンバー

2015年5月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。