5月28日
美肌のために、塩浴で老廃物を出そう

全身に「塩湯」を塗って、老廃物を出す「塩浴(えんよく)」という美肌効果の高い入浴方法があります。「塩湯」とは、塩とお湯をかき混ぜて作る、高濃度の塩水のことです。作り方は、洗面器にお湯と塩を入れてかき混ぜます。塩の量は、洗面器の底に溶けきらないで溜まっている量が目安です。お風呂で温まった後、体に「塩湯」を塗り、優しくなでるとヌルヌルした老廃物が出ます。シャワーで流した後、再びお風呂で温まり、冷水を浴びて、新しく出てきた皮脂を固めることで、肌の潤いを守ります。

前へ

バックナンバー

2015年5月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。