6月26日
糖尿病の合併症について知っておこう

食事をすると、すい臓から「インスリン」が分泌され、細胞に糖を取り込んで消費します。ところがインスリンがうまく分泌されなくなると、血液中に糖が余って慢性的な高血糖になります。これが「糖尿病」です。進行すると、手足にしびれなどが出る「神経障害」、目の網膜の血管が悪くなる「網膜症」、尿が作りにくくなる「腎症」などの合併症になることがあります。

前へ

バックナンバー

2015年6月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。