7月28日
子宮が大きく硬くなる、子宮腺筋症を知ろう

子宮腺筋症は、子宮内膜が子宮の筋肉の中にもぐり込んでいく病気です。深くもぐり込むほど痛みが強くなり、激痛を感じるようになります。子宮は徐々に大きく硬くなっていき、月経量が増えます。出産経験者に起こりやすく、子宮内膜症や子宮筋腫と合わせて発症する傾向にあります。月経痛がひどいなど、気になる人は早めに婦人科を受診しましょう。

前へ

バックナンバー

2015年7月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。