8月19日
パプリカのβ-カロテンで老化を予防しよう

緑黄色野菜の中でも、β-カロテンを豊富に含んでいるのがパプリカです。老化を防ぐ効果があり、油と調理するとβ-カロテンの吸収率が高まるので、マリネや炒め物はピッタリな調理法です。また赤パプリカに含まれるカプサイシンには、β-カロテン以上の抗酸化作用があります。

前へ

バックナンバー

2015年8月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。