9月5日
後ろ向きに歩いて、心の疲れを回復させよう

同じ作業を続けた後は、体を動かすと、その刺激で脳が目覚めてやる気が出ると言われています。特に効果的なのが、「後ろ向きで歩く」こと。顔を上げ、前足のかかとに、後ろ足のつま先をつける形で、一直線に後ろ方向へ歩くと、左右の脳バランスが良くなり、脳が動き出すと言われています。

前へ

バックナンバー

2015年9月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。