9月9日
牛乳を飲んで、安眠作用を活用しよう

牛乳には2種類の安眠作用をもつ物質が含まれています。催眠作用のあるセロトニンの原料トリプトファンと、麻酔作用のあるモルフィン類物質で、眠る前に飲むと良いでしょう。また、牛乳を飲むと、胃と十二指腸の粘膜を保護し、やさしく守ってくれます。

前へ

バックナンバー

2015年9月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。