9月11日
透明な鼻水と、黄色い鼻水の違いを知ろう

鼻水は、鼻の粘膜に炎症が起きることで、粘液腺から分泌されるものです。通常は、透明や白い色をしていますが、風邪をひいたり、細菌の感染があるときには、黄色や緑色の鼻水が出るようになります。この色は、白血球の残骸と、菌の死骸によるものです。

前へ

バックナンバー

2015年9月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。