9月12日
尿の色が、黄色っぽい理由を知っておこう

尿の黄色っぽい色の元は、ウロクロームという物質で、血液の細胞の中にある赤血球が壊れて変化したものです。また、尿の中には食塩が溶けているので、しょっぱい味がします。

前へ

バックナンバー

2015年9月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。