11月22日
ノロウイルスなどによる食中毒は熱湯で予防

冬場でも、ノロウイルスやカンピロバクターなどによる食中毒が起こります。予防法としては、肉やその加工食品、魚介類など汚染のおそれのある食品は、85℃以上で90秒間以上の加熱をすること。調理器具や器は、洗剤で洗ってすすいだら、最後に85℃以上の熱湯で1分以上の加熱消毒をして乾かすことです。

前へ

バックナンバー

2015年11月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。