11月29日
ローズマリーの香りで決断力や集中力を高める

古代ギリシャの学生たちは、ローズマリーの葉から漂う香りが頭脳を明晰にすると信じ、小枝を頭に飾りながら勉強したと言われます。現代では、ローズマリーの成分である「カルノシン酸」は、認知症や脳梗塞などの予防や治療に応用できる……という研究が進んでいます。脳の衰えが心配…という時だけでなく、仕事や勉強で山場を迎えた時、ローズマリーの香りを嗅ぐと脳の血流が良くなり、頭の働きをクリアにしてくれることでしょう。

前へ

バックナンバー

2015年11月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。