1月10日
食酢を利用してアンチエイジング

酢は、世界最古の調味料といわれます。紀元前5000年ころのメソポタミア南部の古文書に、ナツメヤシや干しブドウから酢を作ったと記されているそうです。日本には4〜5世紀頃、中国から伝来しました。疲労回復やストレス、冷え、肩こりの緩和などをはじめ、さまざまなアンチエイジング効果が期待できる食酢。クレオパトラも愛飲していたとか。また洗顔や入浴剤に利用されるなど、美容にも「使える」調味料なのです。

前へ

バックナンバー

2016年1月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。