2月17日
今旬! 寒さに耐えた野菜は甘みも栄養もアップ!

寒締めの「ちぢみほうれん草」が出回る季節になりました。このほうれん草は、収穫間近にハウスを開放して寒い風に当てたり、最初から露地栽培で育てたりするため、葉がしまって肉厚になり、旨味や甘味が増しています。 また、秋に収穫するべきにんじんをわざと収穫せず、雪の下で耐えさせることで、人参のデンプン質が糖質に変わり、甘味がぐんと上がっているのが「雪掘りにんじん」「冬掘りにんじん」と呼ばれるもの。これらの美味しくて栄養価も高い野菜は今しか食べられないもの。見つけたら、ぜひ食べてみて。

前へ

バックナンバー

2016年2月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。