3月10日
目的別に水を飲み分けて、健康に美しく!

のどが渇いたから水を飲もう……ちょっと待って。どうせなら機能性のあるお水を飲めば、一石二鳥では? 例えば、「運動や仕事で疲れた後に、速攻で疲れを吹き飛ばしたい」なら「炭酸水」を。便通をよくしてダイエットも成功させたい」「骨粗鬆症の予防をしたい」なら「硬水」を。「美肌を作り」たいなら「アルカリイオン水」を。アンチエイジングを目指すなら「水素水」がおすすめです。飲み水でたくさんの効果を期待することはできませんが、毎日の習慣に取り入れていけば、チリもいつか山になりますよ。

前へ

バックナンバー

2016年3月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。