4月11日
「プレ更年期」の過ごし方で更年期障害が軽くなります

閉経前後の10年間が更年期で、その時期に女性ホルモンの減少で心身に様々な不調が現れるのが更年期障害です。しかし、年齢的に更年期に達せず、月経も毎月ある女性に、更年期障害に似た症状が表れることがあります。これは女性ホルモンのエストロゲンが減少し始める時期にさしかかったサインで、この時期を「プレ更年期」と呼びます。もしもいま出ている不調がプレ更年期の症状かなと思ったら、家事や仕事量、睡眠時間や趣味などにかける時間、ストレスや食生活などを見直し、生活のレベルを軽い方にシフトしていきましょう。そうすれば、将来的に更年期を迎えた時の更年期障害も軽くすむはずです。

前へ

バックナンバー

2016年4月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。