4月29日
水分の摂り過ぎは体を冷やし、不調の原因に

「美容のためにできるだけたくさん水を飲む」という人がいますが、摂りすぎにも要注意です。東洋医学で言うところの「気」「血」「水」のバランスを崩すし、摂り過ぎた水分は毛細血管からにじみ出て、細胞の中に「むくみ」となって溜まります。さらに水分の摂り過ぎは体を冷やすことで、さまざまな不調を招くことにもなります。水分は排泄した分を補えばよいのですから、飲みたくないのに無理して飲むようなことはやめましょう。

前へ

バックナンバー

2016年4月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。