5月18日
足の親指での綱(ゴム)引きで外反母趾の予防を

サンダルの季節がやってきました。でも、足にトラブルがあると素足の美しさが半減。特にヒールのあるサンダルは颯爽と履くことができませんね。そこで、輪ゴムを使って外反母趾の予防をしましょう。①お尻を床につけ、素足になって両脚を伸ばします。②左右の脚を揃えて指を上に向けたら、片足の親指に数本の輪ゴムをかけ、その輪ゴムをもう片方の親指にもかけます。③両足のかかとをつけて、左右に足を開き、20㎝ほど伸びたらゆっくりと元に戻します。この両親指による綱(ゴム)引きは、毎日行うと効果的です。

前へ

バックナンバー

2016年5月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。