5月31日
おからで体を洗えば、汚れが落ちてお肌がしっとり

豆腐を作る時、豆乳を絞った後のカスが「おから」。立派な食品ですが、これで体を洗えば、汚れが落ちるだけでなく、お肌がしっとり。それはおからの繊維質が汚れを吸着してくれて、豆乳の保湿効果がお肌を潤すからです。まず、生のおから1カップに、豆乳1/2カップを混ぜ、ガーゼで作った袋に入れます。これで全身をマッサージするようにこすり、最後にしみ出てきたエキスをぬるま湯でさっと洗い流しましょう。石けんで再度洗う必要はありません。リラックス効果も欲しいなら、材料に乾燥ハーブを大さじ1?2加えると、おからのニオイも気にならなくなります。

前へ

バックナンバー

2016年5月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。