7月1日
熱中症予防には、汗をかき慣れておくことが大事

暑い日が続きますが、電車や建物の中ではエアコンが効いていて寒いと感じることも。そんな環境も影響してか、最近は汗腺が退化して上手に汗をかけない人が増えているそうです。汗をかき慣れていない汗腺から出る汗は、血漿ミネラル成分をたくさん含んでいて、ベタベタしたものに。また、汗をかけない人の体温は上がりやすく、熱中症になりやすいのだとか。運動などでしっかり汗をかきましょう。汗腺を鍛えることが汗をサラサラにして熱中症の予防にもなるのです。

前へ

バックナンバー

2016年7月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。