9月6日
足の運動で外反母趾の予防を

骨が変形する外反母趾(がいはんぼし)は、足指の運動をして筋肉をつけることで予防しましょう。まず、裸足で「足指じゃんけん」を。グーは5本の指を全て足裏の方にすぼめるように、チョキは親指だけを上に曲げるように、パーは足指を全て広げるようにします。また、裸足でまっすぐに立ち、かかとを上げ下げすることで、足のアーチ部分の筋肉を鍛えます。かかとの上げ下げの時には、椅子の背などで体を支えると、ふらつきなどが予防できます。

前へ

バックナンバー

2016年9月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。