9月10日
定期的に訪れる不調には、リラックスとしっかり睡眠を

なぜか毎月、偏頭痛や腰痛、下痢や便秘などが定期的に起こるというなら、それは排卵日前後でホルモン活性がピークになっているからかも。子宮内を妊娠可能な状態に整えるために血管が収縮しやすくなって、からだに不快な症状が現れるのです。そんな時は、外出の予定を少なめにして、家でゆったり過ごせるように心がけて。たっぷり睡眠をとり、心身をいたわる時間を増やしてみましょう。

前へ

バックナンバー

2017年9月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。