10月31日
睡眠が足りないと太りやすくなる!

睡眠は新陳代謝を促し、肥満を防ぐ成長ホルモンが分泌される大切な時間。睡眠時間が足りないと糖尿病のリスクが高まるという研究結果があります。それは、不眠が続くと、インスリンの働きが低下し、血糖値が上昇するから。また、睡眠不足によって、食欲を抑制するレプチンというホルモンが減り、食欲を増進するグレリンというホルモンが増加することもわかっています。太りたくないなら、きちんと睡眠をとることですね。

前へ

バックナンバー

2017年10月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。