1月16日
下がった腸を元に戻して、便秘の改善を

体がゆがむような生活習慣があったり、筋肉不足、出産などによって骨盤がゆがむと、小腸や大腸が下に垂れてきてしまうことがあります。それが原因で便秘になっている場合も。そこで、腸の下部をほぐして、腸全体を正しい位置に戻してあげましょう。やり方は、仰向けに寝て、腸を下から支えるように両手を恥骨の上に置きましょう。そして、腸を押し上げるように両手の小指の側面に力を入れ、その姿勢のままで腰を浮かせます。この動作を毎日5回ほど繰り返しましょう。腸の動きが活発になり、便秘が改善するはずです。

前へ

バックナンバー

2018年1月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。