2月26日
早食いはストレスになり、低体温を招く

食事をすることは本来、副交感神経を刺激してリラックスさせるもの。でも、忙しさのあまり早食いをすると、それがストレスとなって交感神経が刺激され、低体温を招いて代謝の悪い体に。できれば1口30回噛み、1食30分かけて食事をしましょう。よく味わうことで脳が幸せを感じ、胃腸への負担も軽くなります。

前へ

バックナンバー

2018年2月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。