5月21日
首さすりで美肌を作り、首ジワ改善にも!

女性ホルモンには美肌をキープする働きがありますが、30代半ばくらいから低下してきます。そこでオススメなのが「首さすり」。首ののど仏の下あたりには「甲状腺」があり、ここから出る「甲状腺ホルモン」には、新陳代謝を促して、若さを保つ働きが。首をさすって甲状腺に刺激を与えることで、若々しい美肌の復活に!やりかたは、(1)のどの両脇に手をぴったりと当てて、ゆっくりとさすりあげる。最後は耳の後ろに流すようにさする。10回行う。(2)首筋を太くつかんでやさしく左右に10回ふる。首ジワの改善に効果的です。

前へ

バックナンバー

2018年5月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。