7月11日
肌を潤わせ毛穴を閉めて紫外線からカバー

魚を焼くとき、水分の多い生の魚より、干物のほうが早く焼けますよね。それと同じで、水分の足りない肌は、潤っている肌よりも早く日焼けするのです。まずは、あなたの肌が“干物”にならないように、化粧水や美容液でしっかり保湿しましょう。このとき、ハンドプレスすると、より肌にうるおいが広がります。次に、毛穴を引き締めるため、氷や保冷剤で肌を冷やして。これで保湿力がよりアップするので、紫外線ダメージを肌の奥まで入れない効果が期待できます。

前へ

バックナンバー

2018年7月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。