8月20日
睡眠の途中で起きない環境づくりを

睡眠は、睡眠を安定させる「メラトニン」など、多くのホルモンと深く影響しあっています。寝入ってすぐの深い眠りの時には、細胞の代謝などに欠かせない「成長ホルモン」が一気に分泌され、ストレスに対抗する「コルチゾール」は、睡眠の後半から起床時に多く分泌されます。これらをしっかり分泌させるためには、睡眠の途中で起きてしまうことがないように、テレビやビデオなどは消して、安眠できる寝室の環境作りなどを心がけましょう。

前へ

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。