8月21日
様々な食材で「遅延型フードアレルギー」を回避する

同じ食材ばかり食べ続けていると、消化管での分解・吸収ができにくくなり、気づかぬうちに目づまりを起こしてしまうそう。このように小腸が目づまりして炎症を起こすのが「遅延型フードアレルギー」です。これを避けるためには、週3日以上は同じものを食べないようにして、様々な栄養をバランスよくとること。バリエーション豊富な食材で、食卓を彩りましょう。

前へ

バックナンバー

2018年8月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。