9月23日
足がつらないようにリンパや血液の流れを良くしておく

「いた~い!」。夜中に足がつって目が覚めてしまったことはありませんか?ミネラルが不足したり、リンパの流れが滞り、筋肉が硬くなっていると、こうしたことが起こりやすくなります。予防するには、寝る前にコップ1杯の水を飲みましょう。ミネラル分が不足しないように、食事のバランスにも気をつけて。そして、ふくらはぎをやわらかくするように、マッサージしましょう。それでもつってしまった時には、蒸しタオルで温めて血行を良くし、筋肉をほぐすと回復が早くなります。

前へ

バックナンバー

2018年9月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。