9月26日
下肢静脈瘤の予防には血流を足先から心臓へ

30歳以上の女性の6割に症状が見られるという「下肢静脈瘤」。脚に、網の目状の血管が透けて見え、だるい、重い、痛い、かゆい、ほてる、ピリピリするなどの症状が出たら危険な状態。すぐに受診をお勧めします。むくみやすかったり、立ち仕事の人、ひざ痛などの人に多い症状。予防するには、足の指を動かしたり、引き締め効果の強い「弾性ストッキング」を履くこと。また、家でくつろぐ時や就寝時は、横になって足の下にクッションなどを置き、血流が足元から心臓の方へ向かいやすくしましょう。この姿勢で、足先を動かしていると、より効果大です。

前へ

バックナンバー

2018年9月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。