家を買ったら保険を見直した方が良いワケ

住宅ローンの借り主が死亡した時、返済が不安ですか?

 住宅ローンで家を購入する場合、大きな借金を抱えることを不安に思う方も多いでしょう。しかし、住宅ローンを借りる時に団体信用生命保険という保険に加入することが条件の銀行が普通です。銀行からお金を借りるなら、万が一住宅ローンの借り主が死亡しても団体信用生命保険で残りの借金が返済されます。残された家族が世帯主ばかりか、住まいまで失うリスクはないと言えます。賃貸住宅の場合は世帯主が死亡しても家賃を支払う必要があるので生命保険に大きな保障が必要です。

団体信用生命保険にも特約がつけられます。

 団体信用生命保険にも特約がつけられます。この保険につけられる特約は多くは支払いが困難な病状になったら死亡時と同様に保険で住宅ローンの残りを支払うという特約です。代表的な特約は3大疾病特約(がん・急性心筋梗塞・脳卒中)や7大疾病(がん、糖尿病、急性心筋梗塞、高血圧性症候群、脳血管疾患、肝硬変、慢性腎不全)などの病気の際に支払いが行われるものです。これらの特約をつけることで更に住宅ローンの支払い不能リスクが軽減されます。

住居費リスクが減ると生命保険金の必要額が下がります

 住宅ローンの支払い不能リスクが減るという事は、住居費の心配が少なくて済むと言うことになります。賃貸住宅に住んでいると、借り主が死亡しても家賃は支払わなければなりません。しかし、住宅ローンを借りた場合は借り主が死亡したり、特約をつけていればその特約の指定する病気の場合は、住宅ローンを負担しなくて済みます。つまり、住宅ローンを借りて家を購入した方が賃貸住宅に住むよりも住居費リスクが少なくなり、万が一の場合の生活コストが安く済みます。

住宅ローンで住宅購入したら保険の見直しをしましょう

 世帯主の方が一般に住宅ローンの借り主になるかと思います。同じような生活コストだった家庭でも、世帯主の方に万が一のことがあったときに、家賃の支払いが必要な家計よりは住宅ローンが保険で支払われる家計の方が住宅コストが低い分、保険の必要額も低くなります。住宅購入した時に保険を見直して必要な保険金額を下げることで保険料も下げられる可能性が高いです。保険は住宅購入のような人生の節目に見直しながら活用すると効率的にお金が使えます。

家を買ったら保険を見直しましょう。

 住宅購入したら、保険の見直しを必ずしましょう。保険の保障が大きければその分保険料負担も高くなります。保険料は家計では固定費になるので、月々の金額にすると数千円程度の差が1年、10年となると大きな差になります。
 住宅購入したら、保険の見直しを必ずしましょう。保険の保障が大きければその分保険料負担も高くなります。保険料は家計では固定費になるので、月々の金額にすると数千円程度の差が1年、10年となると大きな差になります。