がん保険の基礎知識とメリット・デメリット

がんとの治療法

 【がんの3大治療方法】
  ・手術療法
  手術でがんの出来た所を切除する方法です。完治しやすい治療方法です。最近は内視鏡による腹腔鏡下手術、胸腔鏡下手術などがあります。
  ・化学(薬物)療法
  主に抗がん剤によってがん細胞を死滅させ、増殖を抑えます。小さながんにも効果がある一方、副作用の症状が患者には辛いです。
  ・放射線療法
  がんに放射線を照射してがんを死滅させます。
  【その他の療法】
  ・緩和ケア
  末期がんだけでなく、がんの治療中の痛さやつらさを軽減させる治療をします。

がん保険の基礎知識

 1.がんと告知されたら一時金がおりるもの。
  2.がんの治療の手術給付金や入院給付金が下りるもの
  3.特約で先進医療の治療費が別途、保障対象になるもの
  1だけまたは2だけの保障のがん保険もあれば、1+2+3のがん保険もあります。最近の傾向として、通院しながらの治療が多くなっているので通院給付金がつく特約や主契約に通院給付金が含まれるものもあります。
  3.先進医療とは例えば放射線療法の一種の重粒子線治療などですが、1回の治療に300万円程かかります。

がん保険のメリット

 未だに日本人の死因のトップががんである事からもわかるように、がん保険に入っているといつかはその保障が生かせる時が来る確率が高いです。
  その治療費は年々上昇する傾向にあります。先進医療など取り入れると1回につき数百万円の治療が必要になります。
  もっと一般的な治療方法の化学療法で使う抗がん剤も高価なものがあります。
  また、手術によって失った臓器や体の機能を補う為の治療費用(例えば人工肛門や乳房再建など)もお金がかかります。

がん保険のデメリット

 がん以外の疾病では保険金がおりません。がん保険だけの保障の為だけに保険料を払うことに抵抗を感じるかもしれません。
  また、がんと診断されて一時金がおりても、がんは転移したり再発したりする可能性がある病気です。そうなると治療が長期化してがん保険の保障範囲では保障しきれない可能性があります。
  手術・入院保障に関しては無制限を謳っている保険でも、手術・入院保障を受けてから2年以内に再入院しても2年経過しないと手術・入院給付金が下りないケースがほとんどです。

がん保険は若いうちに医療保険と共に加入しましょう。

 がんは30代40代でも罹患してしまうこともある病気です。特に家族にがんにかかったことのある人はリスクが高くなるので加入するなら早めに加入しておきましょう。医療保険にも加入すると健康面の保障は安心です。